引越し 見積もり メール

引越しの見積もりをメールでもらう方法@たくさんの連絡なし

引越し 見積もり

引越し 見積もり 相場

引越し 費用 見積もり

引越し 価格 見積もり

引越し 一括 見積もり

 

引越しが決まったら、早めに引越し業者探しを始めましょう。
引越し業者を決めるタイミングは新居の住所が決まったらすぐがオススメです。

 

なぜかといいますと引越し業者は飛行機の早割システムに似ていて、早めに選んでもらうことでかなり割引をしてくれるのです。

 

逆に引越し日ギリギリに重い腰をあげて見積もりを取ってみたら、その日は予約がいっぱいで断られたり、高い料金でやってもらうことになったりするのです。
時間に余裕があることでお互いに気持ちのいい取引ができます。

 

でも、どうせなら一番安い業者を探したいと思いませんか?
A社と契約した後でB社の方が安いと分かったら、なんとなく落ち着きませんよね。

 

引越し業者一括見積もりサイトで見積もりを取りましょう。

電話連絡が来たら困る方は電話番号入力不要の一括見積もりがおすすめです。

 

>>電話番号入力が不要の一括見積もりはこちら<<

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の情報も引越し料金を左右するからです。

 

荷物ですが、あまり使わないものや季節外れの洋服などからどんどん梱包していきましょう。
新居に運ぶ荷物の量が多ければ多いほど引越し料金が高くなるので、不用品は計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。
国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないかついでに聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までの費用を日割りで精算してもらうように手配をしましょう。
詳しいことは各社で対応が異なりますから、電話で確認してください。
もし同じ市内での引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道が使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物が届かなくなるのは不便ですから、最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらいましょう。
1年間は郵便を転送してくれるので、その間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。新居のどこかに貼りだしておくと無駄がありません。
しかし貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは、自分で運んでくださいね。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を出します。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。
忘れると保険がすぐに使えないなど不便があるかもしれませんので、お忘れなく。

 

 

引越しとご近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しの挨拶は、引越し前か引越し当日に行くのが一般的なのだそうです。
遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜこんなに早く行くのかと言いますと、引越しのときに道路にトラックを長い時間停めたり、集合住宅ではドタドタと引越しスタッフの足音が響きますから「騒がしくてすみません」という謝罪の意味合いもあるのです。

 

ですから挨拶に行くのが引越し日でないと、誠意が感じにくいのです。
そして他にも、後にすればするほど挨拶に行くのが面倒になってしますのです。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょう?

 

一軒家であれば向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。
他にも管理人さん、大家さん、一軒家の方は自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

手ぶらで挨拶に行く方もいますが、お互いに初対面ですから熨斗(のし)に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすくでオススメです。

 

しかし高級な粗品である必要はありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品や消耗品が人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。

 

 

引越し業者のオプションサービスの内容

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と交通費とオプション費の合計になります。
引越しスタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代、高速代などが交通費はわかりますが、オプション費というのは何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションサービスは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

これらは引越しをするすべての人に必要というわけではなく、必要な人だけ選んでカスタマイズできるのが、オプションです。

 

エアコンは室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるので、面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

今どきだなと思うのが盗聴器の発見サービスです。
盗撮や盗聴によりプライバシーが侵害され、ネット上に流されるなどの被害が多発しています。
しかも盗聴器はコンセントの内部に仕掛けられていることもあるので、普通は発見できません。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 料金 安く

 

できれば引越し費用は安い方が嬉しいですよね。
もちろん一括見積もりをして比較をすれば、その中で一番安い引越し業者を見つけることができます。

 

しかし、もっと引越し料金を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を変えてみませんか?
条件で引越し費用が安くなるとはどういうことでしょうか?

 

まず3月の引越しはできるだけ避けましょう。
なぜなら3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることがまず出来ません。

 

1年で最も費用が高い上に、予約が多すぎると受付すらできないことがあります。
つまり引越し業者の言い値になるわけです。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があって予約が集中しがちなので、引越し費用が安くなりません。

 

ということで、狙い目なのは平日です。
平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前の引越しと午後からの引越しであれば、午後からの引越しの方が費用が安くなります。
なぜなら多くの方が朝から引越し作業を始めたいと思っているからです。

 

午後からの引越しは前の人の引越しがおして、予定よりも遅れることがあるので不人気です。

 

時間と気持ちに余裕がないとできませんから、予定どおりにいかないとイライラする方にはおすすめできません。
しかしその不安定な分、割引されるチャンスが高いので費用面で言えばオススメなのです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便や、遠距離の時に同じ方面で荷物を相乗りさせる混載便は、費用が安くなるのでオススメです。

 

 

レンタカー引越し

 

引越し レンタカー

 

自分でレンタカーを借りて荷物を運んだら、引越しは安上がりなのではないだろうか?
誰しも一度は考えるのではないかと思いますが、実際はどうなのでしょう。

 

まず普通免許で借りることのできるレンタルトラックは2t未満です。
そしてレンタカー会社にある車両は、1tトラックか1.5tトラックか軽トラックのいずれかになります。

 

各トラックの荷台サイズは、だいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どのトラックを選ぶかは、他に運ぶ荷物の量と新居までの距離で選びましょう。

 

ほかに運ぶものがない場合や新居までの距離が近いなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

レンタル費用は会社によってまちまちですが、どのトラックも1日7000円〜10000円程度で借りることができるようです。
レンタル費用以外には、使った分のガソリン代も必要です。

 

レンタカー引越しで一番問題となるのが運ぶ距離です。

 

遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかしたら家財便や引越しパック便のほうが安いかもしれません。
荷物をトラックに積んで、長距離運転の後に新居に運び入れて、トラックを返却するのは体力的に厳しく危険です。

 

借りた営業所と違う営業所にトラックを返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルして荷物を運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

引っ越しの金銭トラブルに注意

 

退去のときのトラブル

 

金銭トラブルの多くは大家さん又は不動産業者との間にあります。修繕費が敷金のみで足りず残りの費用を負担する、原状回復の定義が食い違う、などがおもな金銭トラブルでしょう。また、お客様ご自身が招くトラブルもあります。急な引っ越しを了承させ、その後、日割り計算で家賃が返済されない、明らかに故意に付けたキズや汚れを認めないなど、お客様がトラブルの原因になる事もあるでしょう。

 

突然の退去宣告で引っ越される時の日割り計算ですが、多くの場合1ヶ月前に大家さんに連絡することが普通ですので、了承されないことがほとんどでしょう。急な引っ越しになってしまえば日割りは諦めましょう。時間があって故意にしたのであるのなら尚更です。ただ、会社などの転勤命令で急な引っ越しをしなければならなくなった場合など、大家さんに連絡をとって交渉してみましょう。

 

修繕費と敷金のケースは、まず入居時にしっかりと契約書に目を通す事から始めましょう。もし、途中で気付き、不当だと訴えてもそれは受理されることはないでしょう。生活レベルの汚れは原状回復と言って、支払わなくて良いことがほとんどでしょう。それらを修繕するから費用を出してくれと言った場合は争いましょう。利用者の故意で付けた訳ではないキズ?汚れであるのならば、裁判でも勝つ事が出来るでしょう。

 

引っ越し業者の金銭面でのトラブルでは、料金の安さだけを基準にして選ぶのはトラブルに繋がる可能性があります。当初の見積もりの時点では安い料金で表示されたのに、引っ越し後に追加料金を取られたなどのトラブルもあります。不当にキャンセル料などを請求してきたりする業者も居るようです。キャンセル料は前日キャンセルで運賃の10%、当日キャンセルで運賃の20%となっていて、前々日までにキャンセルをしたとしてもキャンセル料金は取れない決まりになっています。それを不当に請求する業者もいるようです。それらの悪徳業者を見極めるには見積もり時に「標準引越運送約款」と言う文面を提示してくれるかどうかの違いです。提示してくれる業者でしたらある程度信頼しても良いのではないのでしょうか。